2015.3 パリ
 朝日。刻々と変化しながら美しい空の色が見られるこのキッチンからの眺めは美しい。何気に見える窓からの景色が美しいことは、街全体がそうでないと出来上がらない。美しい空と建物の美しさはパリの魅力。

 
| 06:10 | - | trackbacks(0) |
| - | - |

"Melon" au marche d'ete de Paris

 久しぶりのブログ。大事な画像をFBへ投稿するのはちょっと
敬遠してしまうので、こちらから投稿していきます。今日は夏のパリからの一枚。メロンの並ぶ朝市の風景。どれもkg単価だから、大きさとか気にならないんですよね。パリはパンだってg単価。1個でいくらに慣れている日本では、そのおかげで全てが均一な大きさで見かけも揃っていますがフランスは違います。そして、日本とフランスのメロンについての大きな違いは「その値段」でしょう。フランスだとメロンと生ハム、イチジクと生ハムというオントレ(前菜)は夏定番メニュー。レストランに限らず家庭でも同じように食卓に出ます。私がフランスでホームステイを始めた当初(99年)はフランスのことを知らなくて、メロンは日本のように高価だとずっと思っていました。だから夏になって、”前菜のメロンをいくつ食べる?”と聞かれても、初めは少なめに遠慮してしまいました。そのうち、街に出てメロンの買い物をするようになって、ようやくその価格が日本のとは全く違うことに驚きました。私は99年秋から滞在したので、メロンの価格に気づいたのは翌年2000年の夏。この値段の差は大きい。確かにそれだけではなく、メロンの果肉が日本の果汁たっぷりのものとは違います。ですが、十分な甘さでおいしい。私個人的にはフランスのメロンの方が、程よい果汁量で好み。何より、おいしいものが手頃な価格で買えること、これが果物好きにはたまらない農業大国ならではの幸せ。2・3個、買っても1000円いかないのは嬉しい驚きでした。それを知ってからの家庭生活では、遠慮なく食べるようになりました。ここに本文を記入してください。



   

 
| 06:48 | - | trackbacks(0) |
| - | - |

ブログとfacebook
 HP編集・facebookの立ち上げなどを昨年末にしていたら、ブログがおろそかに。なんとも恥ずかしい限り。詳しい情報をこちらで楽しくご覧いただけるように再稼動して参ります。
さて、一日の始まりはこの作業から!
| 17:35 | - | - |
| - | - |

美味しい料理の3個条
 記憶に残る料理はどれくらいあるだろうか。
あの時にアレが忘れられないとか、また食べたいなと思えたりするものがある。
料理やお菓子だったり、物だったり様々。だけど、それほど沢山はない。

1)目で見た時に美味しそうだと思わせてくれる(右脳:感性)
2)食べてみて、やっぱり思った通りに美味しかったと満足させてくれる(左脳:分析)
3)後になって、また食べたいなと思えるもの(右と左脳の反応が揃ったことでなる)

美味しい料理の極意3個条を、嶋村シェフのトークで教わりました。
まさにその通りだと思います。そして、これは料理に限らず、お菓子だったり、物だったり、そして場所や人との出会いにもいえるように私は思っています。
こんな風に思って頂けるものをご提供できるように、これからも努めたいと思います。


| 15:21 | - | - |
| - | - |

第1回 スイーツコンシェルジュ交流会の見学
 「スイーツを日本の文化の一つにしたい」思いから、日本スイーツ協会をモンサンクレールの辻口シェフが立ち上げ、日本スイーツ検定というものができて1年が経ちました。そして、その検定に合格された会員の方々の交流会が先日26日に青山会館で行われると聞きまして、見学に行かせて頂きました。男性の参加も多くて、興味を持っていらっしゃる方々の多さに驚きました。今後の協会の活動がさらに発展して、皆の今後に繋がっていくとよいです。


 

会場には、約100名の方が集まりました。交流会の中では、シェフがキャンバスに飴で絵を描くパフォーマンスなどもありました。



5月に自店「アステリスク」をオープンされたばかりの和泉光一シェフ。
ゲストとして参加されて、ジャーナリストの方と一緒に対談をされました。
シェフと私とは10年ほど前にパリのコンクール作品の展示会場でお会いしたのが最初。
それは、シェフにとっては初めて渡仏されたときだったようです。
今回は、半年ぶりの再会で、控室で久しぶりにゆっくりお話しさせて頂きました。
近いうちに新店に伺わせていただく予定で、楽しみです。
ガレットデロワのFEVE(フェーヴ)扱ってくださるかな。





| 14:07 | - | - |
| - | - |

リ・オ・レ ( riz au lait )
 お米のプリンといった感じです。バニラも効いていて美味しい冷たいデザートです。スーパーでもよく見かけるフランスでは家庭的なデザートです。美味しいものに出会うと嬉しくなります。


| 17:27 | - | - |
| - | - |

ラディッシュ
 
パリ生活で好きになった野菜の一つにラディッシュがある。葉っぱとひげを落としてサッと水で洗ったら、塩をつけて食べるだけ。カリカリしてすっきりする夏のお勧め。


| 16:54 | - | - |
| - | - |

Les vacances d'ete 夏季休暇
 8月11日(土)〜19日(日)まで夏季休暇を頂きます。
20日(月)より通常業務を致します。お休み中ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。皆様も素敵なお休みをお過ごしください。

| 17:10 | - | - |
| - | - |

オリジナルのフェーヴ

写真はマカロン形のオリジナルフェーヴ(フランス製)。今年も、数社様のオリジナルを手がけさせていただいておりますが、皆様のこだわりがそれぞれに表れるので、見本が日本に届くまでは楽しみと不安でいっぱいです。写真のものは、最初にオリジナルフェーヴにチャレンジくださった岡田シェフのものです。今はなき店舗となってしまいましたが、岡田シェフ(ア・ポワン)のマカロンへの思いが刻まれています。


| 16:50 | - | - |
| - | - |

La fete d'ete du Japon 日本の夏祭り
 
レザベイユ・ジャポンのアトリエは東京の下町にあります。事務所からほど近い「富岡八幡宮」は、今年本祭り(確か3年に一度だったと思います)が行われます。片道3車線ある永代通りも一日中通行止めになります。あたりでは、笛や太鼓の練習がきこえて、12日の準備が進んでいます。このような風景はフランスにはみられない光景です。法被や神輿の櫓などは日本の良さを感じられて、かっこよく見えるものです。日本の文化が感じられるこのような行事は今後も大事にしたいものですね。


| 16:42 | - | - |
| - | - |




PR
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Link